読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ物語

なんか思ったこととかかきます。

放置して

しまった、存在を忘れていた。

 

 

すぐこういうの続かなくなるのが僕のダメなところ。

 

 

色々なことあって、失恋とかしちゃって。

 

 

感性鈍って歌詞とかそんなに書けなくなってたりして。

 

 

音と音を繋げて新しいメロディーを作ることができるようにはなったものの、肝心の歌詞が出てこない。

 

 

後少しで僕は大学4年生になる、1つ上の先輩が卒業してしまう。バイト先も1つ上の後輩さんがいて、その子も卒業だ。

 

 

何かを思って書くならできるかもしれない、自分の納得いくモノを作ろう。

 

 

感謝を伝えたい、これから頑張って欲しいから背中を押したい、そんな詩を。